デジタルカメラと夜景撮影について
  大阪 at Night -大阪の夜景- TOPへ戻る↑

デジタルカメラと夜景撮影について
-はじめに-

このページでは、 夜景撮影の為のデジタルカメラ選び、
および必要な機材、簡単な撮影方法等を解説しています。
 

目次

はじめに
夜景撮影用デジタルカメラの選び方
夜景撮影に必要な器具
シャッター速度と絞り(F値)について
夜景撮影時のホワイトバランスについて
夜景撮影とフィルターについて
HDR(ハイダイナミックレンジ合成)について
おわりに

 

はじめに

「夜景が上手く撮れない」

夜景スポットで写真撮影をしていると周りで良くそんな声を耳にします。

誰もが一度は経験するものですが、確かに夜景を手持ちでカメラ任せに撮影すると、背景がほぼ真っ暗な写真が出来上がるか、盛大に手ブレが発生し目も当てられない写真になるかのどちらかになります。

しかし、これはカメラのオートモードの仕組みを考えれば当然のことなのです。


なぜなら暗い場所で撮影すると、カメラは周りに十分な光が無いと判断し、手ブレを防ぐためにフラッシュを発光させます。しかし一般的なデジカメのフラッシュでは数メートル先までしか光が届かないので、遠景を撮影すると当然真っ暗に写ります。

次にフラッシュを発光禁止にすると、カメラは十分な光を取り込もうとしてシャッター速度を長く(遅く)します。コンパクトデジカメの場合、大体1/4秒〜1秒くらいにシャッター速度が自動設定されることが多いのですが、さすがにこのシャッター速度では手ブレ補正機能があっても手ブレしてしまうはずです。まずこのオートモードの仕組みを理解しておきます。

では、どうすれば夜景を上手く撮影できるのでしょうか?カメラはシャッター速度を長く(遅く)して少しでも多くの光を内部に取り込みたい訳ですから、長い(遅い)シャッター速度でも手ブレをしないようにすればいいのです。

一番簡単な方法は「フラッシュを発光禁止」にして「カメラを固定して」撮影することです。夜景スポットでは三脚を見かけることが多いと思いますが、三脚を使う一番の目的は「カメラを固定する」ことです。つまり、三脚でなくとも、カメラを固定できる場所や器具さえあれば、あとは少しの知識と工夫で上手に夜景を撮影できるのです。

以降のページでは、夜景撮影の為のデジタルカメラ選び、便利な補助道具、撮影方法の一例、デジタルカメラの設定等を順番に紹介していきます。

夜景撮影用デジタルカメラの選び方>>
 

戻る 大阪 at Night -大阪の夜景- TOPへ戻る
Copyright (C) Osaka at Night All Right Reserved.
ご意見・ご感想・お問い合わせ