デジタルカメラと夜景撮影について
  大阪 at Night -大阪の夜景- TOPへ戻る↑

シャッター速度と絞り(F値)について

このページでは夜景撮影の為のデジタルカメラ選び、
およびデジタルカメラの設定、撮影方法等を解説しています。
 

目次

はじめに
夜景撮影用デジタルカメラの選び方
夜景撮影に必要な器具
シャッター速度と絞り(F値)について
夜景撮影時のホワイトバランスについて
夜景撮影とフィルターについて
HDR(ハイダイナミックレンジ合成)について
おわりに

 

シャッター速度と絞り(F値)について

■ シャッター速度を変化させる

カメラと三脚等の固定用具さえ用意すれば夜景撮影の準備は整います。
そこでデジタルカメラ選びの欄で重要視したシャッター速度と絞り(F値)について書いてみたいと思います。

マニュアルモードでは全てを自分の管理下における分、どうしてもオートモードに比べて難しくなってしまいます。
ですので最初は「絞り(F値)」を固定して「シャッター速度」のみを変更して撮影してみると分かりやすいかもしれません。
(とりあえずISO感度は最低に設定しておきます。)

下の画像は絞り(F値)を8.0に固定し、シャッター速度のみを変更して撮影したイメージサンプルです。

シャッター速度=2秒 シャッター速度=5秒 シャッター速度=8秒
絞リ F=8.0
シャッター速度=2秒
絞リ F=8.0
シャッター速度=5秒
絞リ F=8.0
シャッター速度=8秒

シャッター速度を2秒、5秒、8秒と長くするにつれて、より明るく撮影されているのが分かります。
単純に言えば、撮影結果が暗ければさらにシャッター速度を長く、明るければシャッター速度を短くすれば良いということになります。
とにかく夜景を撮影できれば良いという場合には、F値を固定したこのようなアプローチでもOKです。


■ 絞りを変化させる

では「絞り(F値)」は無視して良いのか?となると、そう簡単ではありません。

絞り(F値)」とはカメラのレンズを通る光量を調節するもので、絞りを開放する(F値を下げる)と一定時間にカメラのレンズを通る光量は多くなり、短いシャッター速度で明るく撮影することができます。逆に絞りを絞る(F値を上げる)と一定時間にカメラのレンズを通る光量は少なくなり、明るく撮影するにはシャッター速度をより長くする必要があります。

また絞りを絞る(F値を上げる)と被写界深度(ピントの合っている範囲)が深くなります。遠景を撮影する場合には絞りを絞る(F値を上げる)方が望ましい結果が得られます。レンズによって差はありますが、遠景夜景ではF8.0以上が適しているでしょう。レンズの小さいコンパクトデジカメの場合は少し絞るだけでも十分効果があります。

シャッター速度」をコントロールすると写真の中で時間の動きを表現できます。例えば車のライトが直線的に流れているような写真や、人ごみの中なのに人が消えているような写真があります。そういう表現を意図して撮影したい場合、「シャッター速度」を長めに設定し、適正な露出を得るために「絞り(F値)」を柔軟に変化させる必要があります。この場合は先とは逆にシャッター速度を固定してから絞り(F値)のみを変更して撮影するというアプローチが可能な訳です。

下の画像はシャッター速度を5秒に固定し、絞り(F値)のみを変更して撮影したイメージサンプルです。

絞リ F=12.0 絞リ F=8.0 絞リ F=4.0
絞リ F=12.0
シャッター速度=5秒
絞リ F=8.0
シャッター速度=5秒
絞リ F=4.0
シャッター速度=5秒

■ ISO感度の設定

上記のように、適正な明るさを得る為には自分の意図する表現方法に応じて、「絞り(F値)を開放してシャッター速度を短くする」、「絞り(F値)を絞ってシャッター速度を長くする」、という選択ができるということです。

そして、希望のシャッター速度で望みの明るさが得られない場合は「ISO感度」を少しずつ上げていくことになります。例えばISO感度を2倍(ISO100→ISO200)にすると2倍速いシャッター速度でも同等の明るさが得られます。最初はすぐに感度を上げてしまいがちですが、感度が上がるにつれノイズの発生が増えますので、ISO感度を上げるのは最後と覚えておいて下さい。

■ 柔軟な撮影方法の選択

結局の所、これに設定しておけばOKみたいな決定打は存在せず、自分が表現したいものに応じた柔軟な撮影方法を選択する必要があります。これが「夜景撮影が難しい」と言われる部分であり、また自分なりの表現方法を見出す醍醐味でもあるです。

次ページでは手軽に夜景写真のイメージを変化させるホワイトバランスついて解説します。

夜景撮影時のホワイトバランスついて>>
 

戻る 大阪 at Night -大阪の夜景- TOPへ戻る
Copyright (C) Osaka at Night All Right Reserved.
ご意見・ご感想・お問い合わせ